yogibo(ヨギボ―)を買って1週間で分かったメリットとデメリット

暮らし

ずっとソファがなかった我が家にyogiboを迎え入れてもうすぐ1週間がたちます。

選んだのはDrop(ドロップ)とSupport(サポート)です。

買ったばかりなのでボリューミーです。

人をダメにするソファと悪名高い?ヨギボ―ですが、使ってみて1週間という短期間での感想・デメリット・メリットをまとめます。

部屋にビーズクッションを置こうと迷っている人は参考にしてください。

スポンサーリンク

yogiboを購入した経緯

難波のビックカメラで見かけた時から気になってたyogibo(ヨギボ―)

【人をダメにするソファ】というナイスネーミング・・

身体にフィットするビーズの心地よさ・・

でも、ソファがあればyogiboはいらないし、なかなかその一歩を踏み出せずにいたんです。

しかし!

新しく引っ越した家にソファを入れられないことが発覚して(めっちゃバカ)

ついにyogiboを買おう!ということになりました♪

Yogibo! – "Be More…"

yogiboの商品を簡単に説明

yogibo(ヨギボ―)は商品数が沢山あって迷いますよね。

店舗で貰ったカタログが分かりやすかったので載せておきます。

左のDoubleが1番大きなサイズで、Max2つ分の大きさです。

その後大きいのがMaxで、横にすると3人掛けのソファになる大きさ。

次がShortとMidiで横にすると2人掛けのソファになる大きさ。

Podからは1人掛けで、Pod>Drop>Lounger>Bubble>Mini>Pyramidという順番です。

お店で聞いた人気商品は、Maxとsupport!!

Maxいいよなぁ。

近くにお店があったので実際に見に行った

実際に店舗で見てみることにしました。

yogiboの店舗は、大阪だと6店舗あります。

  • くずはモール
  • 御堂筋本町
  • あべのキューズモール
  • イオンモール鶴見緑地
  • ららぽーとEXPOCITY
  • ららぽーと和泉

yogibo公式ホームページ

 

迷った結果、Drop(ドロップ)とSupport(サポート)を購入しました。

yogibo

下のライムグリーンがdropで、U字型のオレンジがsupportです。

合わせて42,500円也。

お店に行く前はPod↓(左)にしようと思ってたんですが、実際みたらPodデカいです。

 

podとdrop

大人でもdrop(右)↑で十分な大きさです。(子供用みたいな感じで載ってるけど)

rodとdropで迷っている人はdropでも大きさ的に十分です。

 

あと選択肢にはなかったsupport(サポート)も我が家に迎えいれることにしました。

 

 

画像みたいに背もたれと肘かけにしても良いし、前に持ってきてパソコン置いて操作もできちゃいます!

マンガとか雑誌読むの超便利です!

 

 

店舗で買う場合、希望の色があれば即持ち帰りOKです。

サポートは在庫がなかったので、後日配送(送料無料)で送ってもらうことになりました。

dropは持ち帰ります。

ヨギボ持ち帰り

170cm男性が持ってこの大きさです・・。

Maxとか持ち帰るの可能なんだろうか。

drop(ドロップ)を部屋におくとこうなる

ヨギボー

結構でかいけど、可愛い・・

 

yogibo

部屋に置くとこうなります。

部屋の構図上、テーブルと後ろの壁の幅が狭いからyogiboの存在感が半端ない。

・・こりゃ模様替えしなきゃ( ;∀;)

Support(サポート)を家に置くとこうなる

お店で購入した4日後にサポートが届きました♪

yogibo箱

うん、箱はビリビリです。笑

弱い段ボール・・持ったらすぐ破れそうなヤツです。

yogibo

中身は無事でした。

yogiboサポート

色はオレンジで、

先に持ち帰っていたdropと合わせるとこうなります。

yogibo

店舗で試した時よりもかなりボリューミーですね~。

中身がパンパンッって感じです。

コロンとしたフォルムがおまんじゅうを思わせます。ジュルッ

店舗で試したクッションはだいぶぺしゃんこだったので、

長年座ってると、ビーズがへたってしまうのが良く分かります。

何年?何ヶ月でへたってしまうのだろうか?

へたってきたらまたこのブログでお知らせしますね。

 

独特の匂いは5日たっても・・

yogibo(ヨギボ―)の匂いについては事前の調査で知ってはいました。

 

正直、袋から出した時の匂いは強烈です。

クサイクサイとは聞いていたけど、結構なくささですね~。

シンナーみたいな?消毒液のような科学的な匂いです。

人によっては酔ってしまうかも・・けっこうキツいです。

説明書にも、

  • 科学的な匂いがするけど、数日~1カ月でなくなる。
  • 人体に害のあるものではない。

と書かれていました。

このシンナーくささは2日目には薄くなってきて、3日目には気にならなくなりました。(わたしの場合)

気にならなくなったというのは、完全に消えたというワケではありません。

顔を近づけると「ん?やっぱりまだ匂いするなぁ・・」という感じで、

顔をうずめると「クサッ!!」って感じです。

yogiboのメリット

ヨギボー

買って1週間で感じたメリットは以下です。

持ち運びできるので掃除が楽

yogiboの良い所は持ち運びが楽なところです。

見て分かるようにdropは持ち手がついているので、ヒョイと持ち上げることができます。

掃除のときも簡単に避けられるし、別の部屋に持って行って使うこともできます。

ソファだとこうはいかないので、便利~♬

yogiboはビーズなので、傷つけられることはあっても床が傷つくことはありません。

移動は楽々です。

カバーが洗える

汚れてもカバーだけ外して洗うことができます!

予備のカバーも売っているので、定期的に洗濯して清潔な状態を保つことが可能です。

小さなお子さんがいる家やワンちゃんがいる家は使いやすいクッションです。

身体にフィットする

yogiboはほんとに身体にすいつくクッションです!

座った瞬間わたしのお尻に合わせた形に変形してくれて、包んでくれる優しいヤツです。

コイツに座ったらもう立てません。

人をダメにするソファは嘘じゃなかった・・・

これでゲームとか始めたら余裕で5時間はたつんじゃないだろうか。

ちょっと恐ろしささえ感じますね。。

ビーズを補充すればずっと使える

yogiboは、ビーズを補充すればいつまでもボリューミーなクッションとして使えます。

ビーズの補充は個人でできるのでそれもありがたいですよね。

yogiboのデメリット

yogiboサポート

買って1週間でyogiboの悪い所も分かってきました。

お尻がアツアツになる

yogiboは高密度ビーズが売りのクッションです。

ですが、それがアダとなり長時間座っているとお尻がアツアツになってきます。

風を通さないため熱がこもってしまうんです。

これから冬の季節は良いですが、真夏はちょっとキツイんじゃないかと・・。

 

気持ちいいのに熱い・・好きなのに、、好きなのに近寄れない・・

そんなジレンマを感じさせる。

それがyogiboです。

わたしのようなお尻がアツアツになって、

蒸れやすい人にとっては悲報すぎる悲報です。

 

※寒くなるにつれ気にならなくなってきました・・冬は気にならないかも。

座り過ぎると腰に悪い

yogiboに座り過ぎると腰痛になるっていう話もよく聞きます。

まだ1週間なので、さすがに腰痛になってはいませんが、分かる気がします。

何故ならyogiboは座った体制でホールドしてくれるから体制を変える必要がないんですよね。

ソファだったら、たまに背伸びしたり、横になったり体制が変化すると思うんですけどyogiboにはそれがありません。

というか、体制変化の必要がなくなります。

最初に座ったらずっとその体制でホールドなんで。

背筋を伸ばしているわけでもないので、この状態で常にいると腰痛になるかも・・・

という気がします。

この腰痛対策として、わたしはお尻がアツアツになるタイミングで立ち上がるのがベストなのではないかと考えています。

yogiboとの付き合いはまだ始まったばかり・・

yogiboの保証について

yogiboの保証は、購入してから1年間です。

配送された商品は、到着した日から1年間の保証がつきます。

また保証の対象となるのが、通常使ってる範囲での【縫い目破損・ジッパーの不具合・ビーズ漏れ】です。

これについては無料で交換してくれます。

チャックがギチギチなので噛み合わせが悪くなりそうで怖い。

保証を受ける場合は、

  • 名前
  • 保証対象商品
  • 注文日
  • 注文した店舗

を電話連絡する必要があります。

その時購入したときのレシートか納品書が保証書代わりになるので、大切に保管しておきましょう。

yogiboの修理について

クッションに伸びやへたりがでたら自分で改善することも可能です。

クッションに伸びとへたりがでたら

クッションの伸びは、カバーを洗って乾燥機にかけたら多少縮んでフィット感が戻ります。

へたりがでた場合は、補充ビーズを追加することで弾力性が戻ります。

 
 

保証外の生地部分の破損が起きたら

保証される【縫い目破損・ジッパーの不具合・ビーズ漏れ】以外の

生地の修理を頼むことも可能です。

その代わり以下のような条件です。

  • 修理費用として2500円の振り込みが必要
  • 送料負担でカバーを本社(大阪市中央区)へ送る
  • 修理は振り込みから2週間ほどかかる

正規店以外で購入したのに修理してくれるかは、ちょっと不明ですが・・

新品同様のリペアもしてくれます

料金はかかりますが、新品同様にリペアしてくれるサービスもあるようです。

内容はこちら

yogibo リペア内容

yogibo リペア料金

引用元:yogibo公式ホームページ

長年使ってクタクタになったら、こういうサービスを使うのもアリですね。

yogiboを買って1週間で感じたメリット・デメリットまとめ

さて、yogiboを買って1週間で良い点と悪い点が見えてきました。

【良い点】

  • 持ち運びが簡単
  • カバーが洗える
  • 身体にフィットするので楽
  • ビーズを補充すればずっと使える

【悪い点】

  • 初日の科学的な匂いが辛い
  • 長時間座っているとお尻がアツアツ
  • 長時間座ると腰痛になりそう

デメリットもありますが、個人的にyogibo(ヨギボ―)を買って良かったです。

ソファは家に入れられないし、ずっと背もたれが欲しかったのでyogiboがきてくれてTVを見る時間が快適です♪

サポートを置くことによって背もたれの役割もしてくれるから、床にクッション置いて座っていたときより猫背ではないのがありがたい。

お尻アツアツの件は、立ち上がればリセットさせるので今のところ問題ではありません。

気になる人は、yogiboの店舗やビックカメラなどで試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました