美容部員の人間関係にある光と闇。嫌な女を紹介します!

嫌な女 仕事

どこの職場にも嫌な女は存在しますが、

ここで紹介するのは美容部員によくいる女の特徴です。

美容部員の8割は人間関係というか、クセの強いおんな達に苦しめられていると思ってます。

この記事を書いているわたしは、約3年間某ブランドで美容部員(BA)をしていました。

その時に出会ったTHE・美容部員のおんな達の特徴を紹介します。

あなたの売り場にこんな女性はいませんか?

スポンサーリンク

THE・美容部員はこんな人

まず美容部員にいる女性のデフォルトを紹介します。

THE・美容部員は2パターンあります。

1人目は綺麗でキリっとした塩系

2人目は小柄でふわっとした甘々系です。

綺麗な塩系の特徴

ツヤツヤの黒髪
高身長でスタイルが良い
首が長くてスカーフが似合う
切れ長の目でアイライン目尻ハネがち
真っ赤なルージュが良く見合う
落ち着いたトーンで話す

小柄な甘々系の特徴

茶髪で巻いている
ふっくらとした女性らしい体型
色白でピンクのチーク
まん丸アイでマスカラたっぷり
オレンジやピンクのルージュ、グロスを塗ってウルウル
少し高めでお客さまとの距離近め

どうでしょう?想像していただけたでしょうか?

THE・美容部員はこのどちらかのパターンに当てはまります。

どちらが先輩だったら優しいの!?と

思いますが、正解はどちらも優しくてどちらも意地悪です。

つまり外見では判断できない!

美容部員は基本みんなキレイで可愛い人が多い!

そして綺麗でも可愛くても意地悪な人は意地悪!という世界です。

ここからは美容部員時代に実際にいたTHE・美容部員なおんなたちをご紹介します。

お客をとる女

客のとりあい・・美容部員の間では意外にあるあるです。

美容部員は基本的にスタッフの指名制ではありません。

お客さまが声をかけた美容部員が接客をして、何かを買った場合その美容部員の売上になります。

普通はそうなんです!が、

女の世界は怖いのです。

お客さまの取り合いが静かに行われている場合があります。

例えばどんな風に取り合うかというと、

「口紅見たいんですけど・・」とお客さまが声をかけてきて、タッチアップをするため座ってもらいます。

お客さまが席に座ったので、口紅用意しますね!と言って自分は席を外す。

「お待たせしました~」と戻ってきたらあらびっくり。

他のBAが席に座ってお客さまを接客していることがあるんです(笑)

これは先輩BAがよくすることです。

他にも2人のお客さまが同時に来て2人とも同じ先輩が接客するということもあります。

これは経験してますが、BAが2人いたら一人ずつ接客するのが普通ですが

先輩はどっちのお客さまの売上もほしいので、

1人のお客さまに少々お待ちくださいと席に座ってもらって、もう1人の接客をします。

待っているお客さまは「おいおいほったらかしかい!」となるので、

「やっこさん色選んであげて」と言われ~

わたしがタッチアップとか色選びをしてお会計も済ませる・・

でも売り上げは全部先輩のもの。という理不尽なもの。

分かってほしいのはこのくらいノルマがきついし、みんな必死で営業しています。。

そしてあの綺麗なBAはこうやってお客さまをゲットしているかもしれません。

マウンティングする女

美容部員はマウントが激しい職場です。

どんな人がマウントの頂点にたつかというと、美しさ・売上・お金を持っている人です。

美容部員は少なからず外見に自信がある人が集まっているので(わたしはそんなだよ)自分より綺麗だと思う人には優しくするというか・・そんな部分があります。

特に天然の美しさにはかなわないですね。

次にマウント基準となるのが売上を持っている人

ノルマが厳しいので、そんな環境の中でも一定の売上をずっと保てる人は会社からの評価も高いし憧れの存在になります。

しかし上記のようなお客さまを取って売り上げを上げる人は論外。

売り場での評価は下がりますが、会社からの評価は上がります・・。(会社はそんな事情知らないので)

次にお金を持っている人です。

お金というか、お金があるからできることをしている人ですね。

どういうことかというと、ブランド物をさりげに見に付けていたり海外に行ったり、良いホテルに泊まっていたりそういうことです。

インスタ映えの生活をしている人はマウントの上位に入ります。

このマウント基準をクリアしていると年上とか年下関係なくえらそうな態度を取ってきたりします。

実際に美容部員をしているときに、後輩から横柄な態度をとられたことがありますから(苦笑)

彼女にとってわたしはマウントの下位だったんでしょう。。

プライドが高くてえらそうな女

プライドの高い女は、美容部員のほとんどが当てはまります

さっきも書きましたが、美容部員になる人って少なからず自分の容姿に自信がある人です。

そんな人の集まりなのでみんなが「自分が1番キレイ」と思っている節があります。

そのため全員がプライドが高い女といっても過言ではありません。

問題なのはえらそうな女です。

プライドが高いうえに自分が1番!だからみんなわたしより格下と思っている女がいます。

指示するにも命令口調で話したり、自分の機嫌に合わせて行動したり「みんなが自分に合わせるのは当たり前」「みんなが自分に気を遣うのは当たり前」だと思っています。

わたしの先輩にもTHE・美容部員のおんなはいて、

常に「わたしって綺麗やから男性がほっとかないやん?」「やっこさんわたしみたいになりたい?」と聞いてきました。

冗談かな?って思いますよね?

わたしが「えっ!?」ってびっくりしていると

「えっって何?失礼じゃない?わたしがブスって言いたいわけ?」とめっちゃ詰められます。

こういうストレートでプライドが高い女性がいるのが美容部員なんです。

ヒステリック女

美容部員は女の世界。

感情を抑えようとか言い方をマイルドにしようとか思う人はいません。

イライラしたら「何その態度!!」と怒鳴るし、平気で悪口も言ってきます。

わたしの上司もヒステリックな人でしたが、こんなにも感情をあらわにするのは何故か冷静に考えてみました。

更年期障害
ストレス発散できていない
日常に不満がある

これに尽きるかと思います。

高級ブランドに行くとマネージャークラスはけっこうなお年です。

年齢を重ねているにも関わらず怒鳴ったり感情がコントロールできないのは更年期障害としか考えられません

あとはストレスが溜まりまくっていて上手く発散できていない人です。それを後輩にぶつけてしまう浅はかな人ですね。

あとは不満があるけど、変えられない人。変えようと努力しない人です。

変えられない自分に腹がたって自分より立場が弱い後輩にぶつけてくるんだと思います。

考えようによっては可哀想ですよね・・。

綺麗だからこそ恐ろしい

THE・美容部員のおんなたちを紹介しました。

お客をとる女
マウントする女
プライドが高くてえらそうな女
ヒステリックな女

美容部員の女性って綺麗なんです。

だからこその恐ろしさってあります。

こんな綺麗なのにお客とるの?こんな綺麗なのにめっちゃえらそう・・・とかね。

綺麗な女性にはトゲがあります。

逆に言うと上記のような女性は美容部員として生き残っていけます!

ここで紹介した女性は意地悪な女性ですが、優しくて生き残れる人ももちろんいます。

良い人で美容部員・・そんな人の特徴も別記事でまた書きます。

辞めていったこんな人たち

ちなみにわたしも辞めてますが、わたしが見送った美容部員の特徴はこちらです。

常識人
困った顔の人
口喧嘩に弱い人

美容部員は常識がないみたいな言い方ですが(笑)

実際常識が通じないような理不尽な悪口とか行動とか、女の世界だからこそ通用することが沢山のでそういう一般常識を求める人は辞めていきます。

あとは困った顔のというかすぐ困った顔をして助けを求める女性は、女の世界で嫌われるのでこてんぱんにやられて辞めていきます。

最後は口喧嘩に弱い人、なにかキツイ一言を言われてすぐ泣くような人は辞めていきます。

なんだか美容部員がすごく怖い人の集まりになってしまいました・・。

全然そんなことないですよ!

とは言いませんが、優しい先輩もいます。

なんども言いますが、上司や売り場、先輩がどんな人かは運次第です。

もし上記のような売り場に当たってしまった場合は、

退散するか戦うかです。

わたしは退散することも戦うことも賛成です。

体を壊さないように適度に頑張って、もし体の悲鳴が聞こえてきたらすぐに逃げてください。

化粧品ブランドは沢山あるし、経験があれば次の就職も有利になります。

あなたが美容部員として良い上司と売り場に恵まれることを祈ってます!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました